『サーチライトと誘蛾灯』(東京創元社)

個人的にはミステリーはあまり読まないのですが。。
あ、これもミステリーなんだ。ミステリーって案外幅が広いのかも?と思うことができるようになった一冊。

櫻田智也 『サーチライトと誘蛾灯』 東京創元社。2017

ミステリーといえば人が亡くなったり、犯罪がつきもの。
本書でも一話につき一人以上が亡くなっている。が、そんなことは関係ないかのように、優秀な探偵役を務める主人公、?沢(えりさわ(だって、えり=魚編に入る=が出てこないんですもの)は、いつもと変わらずのほほんとしている。
けれど、いつの間にか事件は解決しているという不思議な短編が続く。
主人公がするのは、ほんの少しの気づきと犯人などへのほんの少しの働きかけ。そこから先は話が自然に展開していく(かのようなストーリーにするのは作者さんの腕によるのか)。

後半、すこし主人公の虫好きを話の終わりにホンの少し持ち込もうとしているところが感じられたが、それもしなくてもよいのではないかなという位普通の話、だけどミステリーという本でした。
関連記事

tag : サーチライトと誘蛾灯

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホンの本好き

Author:ホンの本好き
読んだ本からオススメの本を、半分備忘録的に記録します~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる