『女子高生アイドルは、なぜ東大生に知力で勝てたのか?』(講談社現代新書)

こんな番組があったんだ!と思った一冊(まぁ、テレビを見ないので番組しらないのは当たり前か。。)。

村松秀 『女子高生アイドルは、なぜ東大生に知力で勝てたのか?』。講談社現代新書。2016

NHKの番組「すイエんサー」では、日常生活の様々な疑問が取り上げられ、それを台本なしのロケで「すイエんサーガールズ」(女子高生を中心としたモデルやアイドルなどで結成された番組リポーター)が解き明かす。

台本ナシゆえ、そこでは「グルグル思考」といわれる、トライ&エラーが繰り返されていく。
この「グルグル思考」こそが、知識だけでは生まれない「知力」を育んでいると番組プロデューサーである著者は考え、名門大学(東大、京大。。)などへ挑戦状を叩きつけ、大学生と「すイエんサーガールズ」による知力勝負(紙を使った耐久性などをもつ構造物作成など)を行い、見事「すイエんサーガールズ」が勝ち越しているという実績を示す。

では、なぜ「グルグル思考」により、知力が育まれるのか?
著者は以下7つの力が伸びるためと考える。
1.疑う力
2.ずらす力
3.つなげる力
4.寄り道する力
5.あさっての方を向く力
6.広げる力
7.笑う力
これらの力が番組内でどう培われてきたかを振り返りながら、「グルグル思考」の可能性を考察する。

内容を要約すると味気ない印象になるが、実際の大学生との勝負場面など、読んでいるだけでわくわくどきどきできるのは、元がテレビ番組だからかなぁ。
関連記事

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

tag : 女子高生アイドルは、なぜ東大生に知力で勝てたのか

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホンの本好き

Author:ホンの本好き
読んだ本からオススメの本を、半分備忘録的に記録します~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる