『データ分析の力』(光文社新書)

伊藤公一郎 『データ分析の力 因果関係に迫る思考法』 。光文社新書。2017

データ分析方法の考え方を、数式などは使わずに示すためわかりやすい。

データ分析を行うためには、本来はランダム化比較試験(RCT)が望ましい。
しかし、実際には倫理的・法的・費用的など様々な理由から行うことができないことが多い。
このため、著者が紹介するのが

・境界線を使ってデータ分析を行う「RDデザイン」
・階段状の変化を使ってデータ分析を行う「集積分析」
・複数期間のデータを生かして行う「パネル・データ分析」

これらの方法を使っての具体的な分析事例なども紹介される。
関連記事

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

tag : データ分析の力

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホンの本好き

Author:ホンの本好き
読んだ本からオススメの本を、半分備忘録的に記録します~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる