10月に読んだ本(4冊)

玄田 有史(編著) 『人手不足なのになぜ賃金が上がらないのか』 慶應義塾大学出版会。2017

編者を始め16組の著者が、それぞれの専門分野から表題の問いについて考察する。結びで編者がそれらの意見をまとめる。

稲葉剛 『貧困の現場から社会を変える』 。POSSE叢書。2016

著者が実際に行ってきた支援活動や貧困についての社会的な問題点を書く

ナガイカヤノ『演奏者のための はじめてのボディ・マッピング 演奏もカラダも生まれ変わる』ヤマハミュージックメディア。2017

音楽家のための、(コナブルの)ボディ・マッピングを紹介する本。
ボディ・マッピングとは、自分の脳が無意識に把握していゆ身体地図を意識的に作り直していくこと。
筋感覚、全体と細部のフォーカスなどを手掛かりに、カラダの6つのバランスポイントにまず着目していく(AOジョイント、腰椎、股関節、膝、足首、腕)。
自分の持つ身体地図の簡単な修正方法(ワーク)が示され、その修正がどうカラダに反映されるかを味わうことも示される。
チーム腕やチーム脚/足のように、全体を意識しながら、指など細部へもフォーカスしている。

齋藤 敦子 『コクヨ式 机まわりの「整え方」 社内で実践している「ひらめきを生む」3つのコツ』 角川書店。
関連記事

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホンの本好き

Author:ホンの本好き
読んだ本からオススメの本を、半分備忘録的に記録します~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる