『拡大自殺』(角川選書)

拡大自殺という視点で、無差別大量殺人や心中事件、自爆テロなどを見る。

片田珠美 『拡大自殺 大量殺人・自爆テロ・無理心中』 角川選書。2017

日本、そして世界に広がる大量殺人や自爆テロ、あるいは親子・介護心中には、ひき起こした人の中にある絶望感と復讐心が共通している。

大量殺人の要因として、①長期にわたる欲求不満、②他責的傾向、③破滅的な喪失、④外部のきっかけ、⑤社会・心理的孤立、⑥大量破壊のための武器の入手が挙げられるが、さらにその奥に犯人の自殺願望がある場合、赤の他人を道連れとした「拡大自殺」と考えられる。

拡大自殺を図る人の中には、絶望感とそれによる抑うつ状態からの自殺願望がある。自殺願望は他者へのサディズムが反転して自分に向けられたものという考え方があり、そこには他者への憎しみや復讐願望があると考えられる。他責的傾向は、悪を自分自身から他者に転嫁するものであり、そこに復讐願望が加わり拡大自殺へと向かう。

本書では、このメカニズムを、大量殺人・自爆テロ・警官に自らを殺させるよう仕向ける警官による自殺・親子心中・介護心中などの事例に見ていく。
関連記事

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

tag : 拡大自殺

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホンの本好き

Author:ホンの本好き
読んだ本からオススメの本を、半分備忘録的に記録します~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる