8月に読んだ本(3冊)

8月に読んだ本から3冊

鈴木健『なめらかな社会とその敵 PICSY・分人民主主義・構成的社会契約論』。勁草書房。2013

現在の物事を単純にみることで成り立つ社会の形に対し、複雑さを複雑さのまま生きるために、人間の認知を技術的な手段によって突破する道を提唱。
経済においては取引のなめさからさを成立させるための伝播投資貨幣(PICSY)
政治においては個人の枠を超えるための分人という概念を成立させるための伝播委任投票
社会においては個々人が自ら社会契約を行う構成的社会契約のためのソーシャルネットワークの働き
という、個人を単位とせず、個人をさらに分けることが可能な手段を示す。

西川有司『温泉の科学』。日刊工業新聞社。2017

日本には、そして世界には数多くの温泉がある。しかし、どうやって温泉が生まれるかまだ未解明の部分も多々ある。
本書は、そんな温泉そのものや成立を、できるだけ科学的に見ていく。

見知らんジャパン研究室(編)『東京商店街散歩 VOL.2 東京23区城東エリア』。秀和システム。2017。

中央、台東、千代田、江東、墨田そして江戸川区の商店街が取り上げられる。数多くの商店街が紹介されるが、その分一つ一つの商店街についてはやや浅めの紹介。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホンの本好き

Author:ホンの本好き
読んだ本からオススメの本を、半分備忘録的に記録します~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる