『ワーク・ルールズ!』(東洋経済新報社)

Googleの社風と人事制度を知るだけでなく、それぞれの会社へ活かしてもらうべく、Googleの人事担当トップが惜しげもなくGoogleの社風や人事制度を書く。

ラズロ・ボロック『ワーク・ルールズ! 君の生き方とリーダーシップを変える』。東洋経済新報社。2015。

Googleの人事部門のトップが、同社のユニークな社風、社員に対する考え方を、彼なりの解釈で語る。

Googleにおける人事の成功は、大企業だからできるということもある。しかし、大半の素晴らしさを生み出す要因は、Googleで行われていることを真似るかどうかであり、費用もかからないことが多い。

紹介される同社のルールは以下のようなものである。

・自分を創業者とみなし、創業者のように行動する
・自分の仕事を重要な天職と考える

・社員には安心して与えられるよりやや大きい責任、自由、権威を与える

・人事予算の第一は採用に投資し、時間をかけて最高の人材、自分自身より優れた人材だけを雇う
・自分が求めるものを徹底的に具体化することでわ最高の人材を紹介してもらう
・採用候補者に求める基準を高くし、面接者の主観によらず客観的に評価する

・ステータスシンボルを廃止する
・マネージャーの意見でなく、データに基づいて意思決定する
・業績評価は、正しい目標設定、同僚のフィードバック、複数の管理者による評価による

・困っている人に手を差し伸べ、最高の社員の観察からチェックリストを作る
・熟練した練習-分割し明快なフィードバックの元繰り返し学習を行う
・トレーニングを受けた人の行動が変わるプログラムに投資する

・社内の摩擦を恐れず不公平な報酬を払うが、褒めるのは実績について
・熟慮した上での失敗に報いる

・社員の生活負担を減らす
・小さな実験を数多く行い、きっかけから社員を健康や幸福に導く

・失敗に直面した時は、隠さず、助言を求め、間違いから教訓を学ぶ

決して大企業だからできたということではなく、費用よりもむしろ実際にやるかどうか、その重要性が示されていると思いながら読んだ。
関連記事

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

tag : ワーク・ルールズ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホンの本好き

Author:ホンの本好き
読んだ本からオススメの本を、半分備忘録的に記録します~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる