『バッタを倒しにアフリカへ』(光文社新書)

前作(『孤独なバッタが群れるとき』)の最後にフィールドへ降り立った著者。
フィールドでは、何(バッタ、ゴミムシダマシ、ハリネズミ)が彼を待ち受け、彼は何(バッタ)を追ったか。。。

前野ウルド浩太郎『バッタを倒しにアフリカへ』。光文社新書。2017

憧れのバッタの大群に会えるであろう、遠くモーリタニアに降り立った著者。

研究者としての先行きが明確になっているわけでもなく、研究成果もまだまだ十分には出し切れていない。
そんな彼は、バッタの被害を食い止めアフリカの食糧問題を解決し、その成果をもとに日本の研究機関で就職を決めることで自分を助けるためにモーリタニア、サハラ砂漠でバッタを追いかける。。。
はずであったが、肝心のバッタの大群になかなか出会えない。
そうこうしている内に、残された研究機関はわずかとなり、研究を続けるための道を模索してなくてはならない。

絶望を感じてもおかしくない中でも、彼はひたすら。。。とにかく進む。
本書は、外国での研究やフィールドワークの難しさ、異文化社会での生き方、昆虫研究の面白さ、そして、彼自身の熱いバッタへの思いを感じることができる。。。えっと、研究書でも日記・エッセイでもなく、彼自身の強い思いを元に書いたバッタ研究に世の注目を集めるために書かれた本(このあたりは7章にバッタフィーバーを起こすべく模索する姿をどうぞ)。

バッタとの関連で言えば
・バッタが夜どこで過ごすか-トゲのついた草や樹上で過ごすことのメリットやそこに見られる特性
・バッタが好む生息地(降り先)はどこか
辺りが書かれているが、今回の本では研究・調査結果はそこまでは書かれていない。

一方、異国での生活について、かなり興味深く書かれている。

モーリタニアの人々のもつ人道主義的な振る舞い(難民だけでなく、困っている人を助けられる人が受け入れるのは当然というスタンス)に感銘を受けながら、日々の生活のなかでのワイロやふっかけに対応する(払える人が払う/要求するのは悪いことではない、という考え方があるのかなーと)。

現地のスタッフとの友情(ティジャニとの関係は読んでいて笑ってしまうが、ここまで踏み込んでの交流ができるのはすごいと思う)。

きっと次の本では興味深くフィールドワークの結果が書かれることであろう。
そして、バッタフィーバーも日本中に。。。起きていているといいなぁ(ふと思ったが、仮面ライダーがバッタやイナゴを元にしていることを考えていると、その世代にはバッタ受け入れ素地があるのでは。。。あ、僕の世代か)

関連記事

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

tag : バッタを倒しにアフリカへ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホンの本好き

Author:ホンの本好き
読んだ本からオススメの本を、半分備忘録的に記録します~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる