『新米主任 ITIL使ってチーム改善します!』(シーアンドアール研究所)

7月に読んだ本。

沢渡あまね『新米主任 ITIL使ってチーム改善します!』。シーアンドアール研究所。2015

シリーズもので、前著では新人だった主人公が、主任に昇格し、成績が芳しくない部署の改善を任せられる。

前回学んだITの運用管理の基準でもある「ITIL」のなかで、

・サービスレベル管理
・インシデント管理
・問題管理
・ナレッジ管理

の4つのプロセスを中心として、改善を行うが、空回りをする部分もあり、改善効果が出始めたところで深刻なチーム内の亀裂や問題が生じ。。。

というストーリー。IT運用管理プロセスであるITILの考えを利用しながらも、実際には業務改善への活用であり、システム的な要素は脇役でしか出てこないが、だからこそ「考え方」「管理の方法」の重要さを学ぶことができる。

前作ではあまりストーリー自体は興味はなかったが、今回はストーリー的にも少しドキドキしながら読むことができた。

前作はこちらで、ITILの全般についてと、その業務改善への活用の考え方を学ぶことができる。
沢渡あまね『新人ガール ITIL使って業務プロセス改善します!』。シーアンドアール研究所。2015
関連記事

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

tag : 新米主任 ITIL使ってチーム改善します!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホンの本好き

Author:ホンの本好き
読んだ本からオススメの本を、半分備忘録的に記録します~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる