『死の沈黙』(大月書店)

5月に読んだ本。

ディルク ライナルツ 他『死の沈黙 ドイツ強制収容所跡の写真集』 大月書店。1995。

ナチスドイツ下において、ヨーロッパ各地に作られた強制収容所。その、写真集。

人は映ってなく、淡々と建物、施設、設備などが映されている。映されているものは沈黙。

解説にある一文、収容所の威嚇により、沈黙を選択した市民について書かれた一文が自分に返ってくる。

「しかし何年も外に向かって口のきけないふりをしていると、遅かれ早かれ、心の中の抵抗力もまた麻痺してしまった」
関連記事

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

tag : 死の沈黙

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホンの本好き

Author:ホンの本好き
読んだ本からオススメの本を、半分備忘録的に記録します~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる