3月に読んだ本(5冊)

3月後半に読んだ本からいろいろ。

山田玲司 『非属の才能』 光文社新書。2007

マンガ家でもある著者が、群れに属さないこと、その才能を持った人々、自分自身について書く。

青山治城 『なぜ人を殺してはいけないか 法哲学的思考への誘い』。法律文化社。2013。

タイトルの問いに対し、「なぜ」という問いかけの意味、殺してはいけない「人」とは何か、「殺す」とはどういうことか、「いけない」とはどういう意味か、と言う4つの問題を考え、法的な意味合いでこの問いと責任について考察する。

佐藤オオキ 『400のプロジェクトを同時に進める 佐藤オオキのスピード仕事術』。幻冬舎。2016

細かい仕事術というわけではないが、スピードの意識や行うときは1つのことに集中できる状態、仕事に集中できる自分をつくることなどが書かれる。

ジョン・プレンダー 『金融危機はまた起こる 歴史に学ぶ資本主義』。白水社。2016

資本主義(バブル等)の歴史を概観。

青木毅 『図解 新人の「質問型営業」』。同文社書館。2017


関連記事

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホンの本好き

Author:ホンの本好き
読んだ本からオススメの本を、半分備忘録的に記録します~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる