『マインドマップ資格試験勉強法』

honnohon

萩原京二、近藤哲生『マインドマップ資格試験勉強法』。ディスカバー21。2009。

マインドマップとNLPを資格試験の勉強に活かそうということで書かれた本。
第1章では、・不合格のデメリット・合格のメリット・合格の先の目的・合格のためにできることの4マップを描くことを示す
03-13 19:21

これらのマインドマップは、深層心理に、合格に対する強い動機づけを作るために役立つ。
03-13 19:22

第2章では、学び方を学ぶとして
1、入力のためのジグソーパズル勉強法、カンニング勉強法、リンキング勉強法
2、記憶のためのピンポイント勉強法、リピート勉強法、ティーチング勉強法
3、出力のための超スピード勉強法、リカバリー勉強法、記憶術をそれぞれ紹介する。
03-13 19:25

ジグソーパズル勉強法は全体構造把握のため、テキストの目次をマインドマップ化する。
カンニング勉強法は、解説を先に読むことで出題傾向をつかむ。
過去問とテキストを付き合わせるリンキング勉強法でなじみ感をつくる。
これらを行なった上で、出るが知らない部分を優先して過去問を解く。
03-13 19:28

ピンポイント勉強法は、学んだことの重要なところをマインドマップ化。
リピート勉強法は過去五年分を正しく正誤判定できるまで繰り返す。
ティーチング勉強法は、学んだことを教えるつもりで、概要ー事例ー根拠ー過去問で話す。
03-13 19:30

超スピード勉強法は、最後にテキストをザッと読む。
リカバリー勉強法は記憶が怪しいところだけをマインドマップ化。
記憶術については第3章で詳細が書かれる。
03-13 19:31

第3章では、繰り返し×インパクトが記憶なので、繰り返しの重要性と、五感をフルに使うことや理解による集中で記憶を高めることが書かれる。五感は、自分の得意分野を意識した方法が示される。
03-13 19:33

第4章は勉強のスケジュールの立て方について。
達成期限を決め、
数値化し、
紙に書く
という3ステップで説明される。
03-13 19:35

勉強法毎の日付設定、それぞれの中での進捗割合別のスケジュールを中間目標として立て、PDCAでチェックをする。
また、自分が勉強時間を確保する上で、無駄の洗い出しをマインドマップで行う。
03-13 19:40

第5章では自分が行いがちな逃避行動をマインドマップにし、必ず勉強する時間には勉強を開始し、音読・マインドマップ・ページめくりで準備運動的にやる気をだすことを提案する。
今日の勉強が終わったら素晴らしい、思い通りに終わった場面を思い描く、満足感を味わう、勉強でこの満足が強まると想像
03-13 19:43

関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : マインドマップ資格試験勉強法

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホンの本好き

Author:ホンの本好き
読んだ本からオススメの本を、半分備忘録的に記録します~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる