『情報便利屋の日記』(樹村房)

2/6の週に読んだ本。

村橋勝子 『情報便利屋の日記 専門図書館への誘い』。樹村房。2016

経団連ライブラリーに40年以上勤務した著者による、経団連ライブラリーでの出来事の日記と、専門図書館、中でも企業や団体が設置する「組織内ライブラリー」についての知識とそこで働く人のための情報がまとまった本。

経団連ライブラリーでの出来事は、大きく2種類が描かれている。

1つは、司書として様々なリクエストにどのように応えてきたか。ここには、組織内ライブラリーで働く人としての特色(要求を出してくる人々のことを知っており、また、その背景的なものもわかることから、本来の目的をよりよく推察できる)がよく書かれていると感じた。

もう1つは、企業・団体において「組織内ライブラリー」を、どう維持・発展させるかについて。単に本を管理する、司書的な役割を果たすだけでなく、企業内の各組織をつなぎ、時には自らの所属組織の外へ交流を広げる姿勢が書かれている。
ここについては、第3章でより詳細が書かれる。

著者が司書的な役割を多く担った時代は、紙と、紙が電子化された(インターネットの拡大以前の)時期であろう。
このため、調査方法も今とは異なる面も多いと思うが(紙、人脈の利用)、目的が何かを考えての検索・情報提供と言う点には、通常の仕事で参考としたい部分も多くある。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 情報便利屋の日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホンの本好き

Author:ホンの本好き
読んだ本からオススメの本を、半分備忘録的に記録します~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる