1/23の週に読んだ本(3冊)

1/23の週に読んだ本から3冊。

牧秀彦 『凛々 五坪道場一手指南』。講談社文庫。2008

父の敵である兄を探しつつ、主人公は江戸で子供たち向けの小さな道場を構える。
2作目の本作には3つの作品が収録。
同じ敵討ちの心情を組みながら一方討たれる相手に敬愛をもつ葛藤を書く「流れて悔いなし」
兄の影を追いながら主家が絡む事件に巻き込まれる「生き胴試し」
名を上げるための御前試合で叩きのめされることで何かをしる「奇傑からの助言」


齋藤 忠夫 『チーズの科学 -ミルクの力、発酵・熟成の神秘』。講談社(ブルーバックス)。2016

チーズのおいしさや栄養を科学的に分析する。
脂肪が多いイメージで避けていたチーズですが、ミネラル等の摂取や脂肪も悪い脂肪ではないことを知り、もっと食生活に取り入れてみたいと思った。

牛尾理恵 『いなばライトツナレシピ』。東京書店。 2013

ツナ缶大活躍、の1冊。ツナ缶を大量に買ったので、作ってみたいレシピを探すために。

関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホンの本好き

Author:ホンの本好き
読んだ本からオススメの本を、半分備忘録的に記録します~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる