『村上式 シンプル英語勉強法』(日経ビジネス人文庫)

honnohon

1/16に読んだ本。村上憲郎式『村上式 シンプル英語勉強法』。日経ビジネス人文庫。2016。

30代になり、転職で英語が必要となった著者が、自ら行った勉強法をまとめたもの。シンプルではあるが、決して付け焼刃ではなく、きっちり語力として身につけるための方法を提示する。
01-17 19:44

まず「読む」。
これは、英語を英語のまま読むという意味であり、そのために100万語、小説にして約10冊を読むことを求める。
読む時は前へ前へパラグラフは息を継がず読むことで、集中かつ英語として読むことを行う。探偵モノ→弁護士モノ→ノンフィクションという流れを提案。
01-17 19:48

英語の文の出だしは12種類、結局はS+V、究極はS探し、目標は500ワード/分などのテクニック的な部分にも触れられている。
01-17 19:50

次は「単語」。
1万語を目標とし、毎日ひたすら全部見ることで、単語と顔なじみになることを提案する。
単語レベルのチェック方法と、レベル別の教材などを示す。
01-17 19:52

3番目は「聴く」。
一日一時間、3年間続けて生の英語を1000時間聴くこと。この時、レベルが上のものを聴くことを提案する。
読むと同様に息継ぎせず集中する。ディベートを究極の教材として提示。
01-17 19:54

4番目の「書く」では、英借文を提案。
テンプレートになりそうな、いつか使えそうな英文をストックし、内容よりフォーマットを意識して書くことが重要と、割り切りを求める。
01-17 19:56

最後の「話す」では、自分に関する100の話題を丸暗記を提案。
そこから、自分のこと、自分の関心のあること、と話すを広げていくことを示す。
01-17 19:58

今回の文庫化にあたっての追補は、「英語を」学ぶではなく、「英語で」学ぶことを提案。
01-17 19:59

紹介されている本は、出版当時(2008年)から時間が経ったため絶版になったものもあるが、分かりやすそう、面白そうなものが多くその点も参考になる。
01-17 20:01

関連記事

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

tag : 村上式 シンプル英語勉強法

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホンの本好き

Author:ホンの本好き
読んだ本からオススメの本を、半分備忘録的に記録します~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる