『少林寺拳法 柔法のコツ』(ベースボールマガジン社)

12/19の週に読んだ本。
少林寺拳法連盟(編)
『少林寺拳法 柔法のコツ』
ベースボールマガジン社。2016

前少林寺拳法連盟会長の新井庸弘氏が自らモデルとなり、また教える内容を元に、少林寺拳法の柔法についてコツをまとめたもの。
写真とわかりやすく簡潔な解説で本はまとめられ、またDVDもついており実際の動きを知ることもできる。

第一部では、役割ごとに手のハタラキを分けて、それが1つの技の中でどのように組み合わさって効果を発揮するかを中心に書かれる。

捌手-相手につかまれた手を、守法(鈎手など)によって相手の攻撃を防ぎ、相手の手首を殺したり関節の遊びをなくし、相手を極めるために使われる
掛手-相手に取られてない手を、けん制(目打ち、手刀切り)に使い、相手の手に対し、手首の遊びをとり肩から先の腕の形を固定するために使われる

この2つの協力は、例えば、捌手で相手の手の遊びをなくす->掛手でその手の遊びの無い状態を固定->捌手で極める、など。

実際の技をかける上でのポイントが惜しみなく書かれている。
・相手の手に対し、自分の手をきちんとかける(例えば手甲だけをおさえようとせず、手掌側まで自分の指を引っ掛けてきちんとおさえる)
・相手の手を曲げるときの方向(いったん引く、横に向けるなど技によって相手に応じた形で)
・足運びをつける(手や状態だけで相手を極めようとせず、適切な位置への足運びとともに極める)

第二部では、崩しを中心に書かれる。

崩し-両足を結ぶ支持面から重心を外し、相手を不安定にしたままバランスをとらせる

・相手の重心を崩すことに加え、関節を極めることでの痛みや体捌きで相手の体勢を崩す
・相手と接触している部分だけにこだわらず、相手の重心を移動させることを考える
・運足、両手がそれぞれの役割を果たしながら共同作業で相手に作用する
などがポイントとして示される
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 少林寺拳法 柔法のコツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホンの本好き

Author:ホンの本好き
読んだ本からオススメの本を、半分備忘録的に記録します~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる