『人間さまお断り』(三省堂)

11/21の週に読んだ本。
『人間さまお断り 人工知能時代の経済と労働の手引き』
ジェリー・カプラン (著)。三省堂。2016

人口知能に関し、研究者として、また企業家として関わってきた著者による今後の展開と対策。
人工知能は、
「合成頭脳」:経験から学習する能力を元にするアプローチによる成果
「労働機械」:センサーと作動装置による継続的に計画の修正が行われながら動く装置
という2方向から研究され、その2つの結合は、人間の多くの仕事を代わりに行うことができると考えられる。

こうした中で、人間は今後どういう方向をとるのか。
身に付けた技能は、いつの間にか人工知能・機械により代替可能なものとなり、職を失う危険性が高い存在となる。
それに対して著者は、職業訓練に対するローン(見込み雇用主を保証人とする)や、社会保障の個々人での運用といったことを対策として考える。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 人間さまお断り

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホンの本好き

Author:ホンの本好き
読んだ本からオススメの本を、半分備忘録的に記録します~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる