『やせるおかず 作りおき』(小学館)

11/14の週に読んだ本。
『やせるおかず 作りおき』
柳澤英子。小学館。2015

著者が自らのダイエット経験(50代女性。1年でマイナス26キロ!)時に作った料理のレシピをまとめたもの。

ポイントとしては
1.簡単につくることができる(家庭に普段あるような調味料、買うことができる食材)
2.糖質制限を中心
-じゃがいも、さつまいも、かぼちゃ、とうもろこしはダメ
-一品だけでなく、主菜1品+副菜2品といった組み合わせで
-食べるときはベジファースト(生野菜を最初に)。肉や野菜もしっかりと食べる=たんぱく質をきっちりとる
-甘い味付け(=砂糖)はさける。薄めの味付けで、オイルや水分でしっとり感
-作りおきの際は、容器や調理道具を清潔に

実際のレシピは本を参考にということで、レシピの間に入るいくつかのテクニックを
・カロリーを気にするのではなく、糖質を抑えることで血糖値を(ゆるやかに上昇するよう)コントロールすることを重視する
-主食を減らす、甘いものを避ける
-炭水化物は食事の最後にすると減らしやすい。また、雑穀やキノコをまぜる、全粒粉のものを使うなどで工夫する
・生野菜、発酵食品などを食事の最初に
・水溶性の食物繊維=アボカド、オクラ、わかめなどに含まれる=を摂ることで血糖値の上昇をコントロール
・小腹はうまくごまかす(温かい飲み物、少量の栄養価の高いもの=カカオ70%以上のチョコ数かけや、小魚など
・お酒はかまわないが、つまみに注意
身近にある食材・調味料であることと、作り方が簡単なものが多いので参考になります。
現在、主に食事で、半年で8キロ程度やせているので、こちらの本を参考にもう少し絞りたいなと思います。

とはいえ。。。
いろいろあってでしょうが、保存期間が冷蔵1~2日や2~3日が大半なので「作りおき」と書かれると、少し短いと感じました。
(僕の場合は週末に作って、翌週の平日に食べていくというスタイルなので、冷蔵1週間くらいで「作りおき」のイメージ)
あと、今野菜が高騰しているので、じゃがいも・さつまいもあたりがないのは辛い(これは時期などによりますね。。。)

関連記事

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

tag : やせるおかず 作りおき

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホンの本好き

Author:ホンの本好き
読んだ本からオススメの本を、半分備忘録的に記録します~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる