『星新一 時代小説集 地の巻』(ポプラ文庫)

honnohon

11/15に読んだ本。『星新一 時代小説集 地の巻』
星新一。ポプラ文庫。2009

天の巻がお殿様を始めとする武士が主人公なら、地の巻は泥棒や流人、危ないことに手を染める医者や坊主など少し裏街道を行く者達が主人公か。
11-15 20:11

「ねずみ小僧次郎吉」は、義賊と言われたねずみ小僧の物語。
盗んだ金で人に施すことに快感を覚えるねずみ小僧。最期を華々しく飾ろうと、江戸城へ乗り込むが、果たしてその結果は。
「藩医三代記」は、ある小藩の藩医を勤めた親、子、孫の三代記。
中心は子である二代目で、その出世は継がれるのか
11-15 20:14

「かたきの首」は、仇討ちにまつわるお話。
と言っても、派手な仇討ちの立ち回りなどなく、ほとんどが寺の一室で進む物語。実際、こんな話があったのかしらと思ったり思わなかったり。
「島からの三人」は、流刑から短期で江戸に戻された流人3人が、協力して野放しの悪を暴いていく…はずが。
11-15 20:17

その他「元禄お犬さわぎ」と「厄除け吉兵衛」を収録。
残すは人の巻。
11-15 20:18

関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 星新一 時代小説集 地の巻

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホンの本好き

Author:ホンの本好き
読んだ本からオススメの本を、半分備忘録的に記録します~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる