『36歳からオンライン英会話をはじめたら英語で仕事ができるようになりました』(角川書店)

10/31の週に読んだ本。
『36歳からオンライン英会話をはじめたら英語で仕事ができるようになりました』
嬉野克也(著)、高田真弓(マンガ)。角川書店。2016

オンライン英会話を有効に使うことで、英語を身に付け、実際の仕事に活かすようになった著者が書くオンライン英会話の学び方。

36歳から英語を本格的に学び始めた著者は、特にかわりばえない生活を続けていくことに疑問を感じ、英語を勉強する気になった。
そんな彼が選んだのは「オンライン英会話」学習。
始めてから1年間を、2ヶ月ごとに区切り、どんなことに注意してどのように英語を身に付けてきたかを詳しく書いている。

著者の英語学習の大きなポイントとしては2つ。
・「オンライン英会話」と「TOEIC学習」の2本立て
・なにより、英語で仕事をしてみたいという思い

具体的な勉強法のポイントなどは以下のとおり
0-2ヶ月
・講師の選び方(コールセンター勤務経験者をオススメ、または(仕事に役立てたいなら)自分の業界・職種などの経験者)
・チャットボックスの活用(文字で見ることで聞き取れなかった部分もわかる)
・ロールモデルと英語学習仲間(ネットで)を見つける

3-4ヶ月
・マインドブロック(恥ずかしい)を外す-好きなことについてしゃべる
・中学英語の応用で英語回路をみにつける-オススメは『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』を徹底活用
・自習をする(10分程度の予習、終わった直後の復習)
・オンライン学習での「ニュース音読」を行う

5-6ヶ月
・フリートークは、自分の行いたい話題を最初にふって有効に使う
・リスニング力をあげるためには、講師の検索画面を活用-早口、自分で聴き取りたいと思う英語に近い
・目標の設定(長期、中期、短期)
・英文法はオンライン英会話では学ばず、日本語できっちり学んだほうがよい

7-8ヶ月
・予習復習有無のバランスを適当にとる
・発言を短くして、会話のキャッチボールを行う

9-10ヶ月
・音読の目線の置き方を変える(視線を読んでいる先に持っていく)
・オフラインでのイベントへの参加

11-12ヶ月
・ロールプレイング、ニュース記事でのディスカッション、スピーチ練習などで実力アップ


5-6ヶ月


中で薦められている本はこちら。


読んでいて、なるほどと思う部分が多く参考になります。
ただ、思ったのは著者には英語で仕事をしてみたいというモチベーションが元々かなり高くあったのではないかな、というところ。
そういったモチベーション自体は、それぞれで探さないとだなぁと。
関連記事

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

tag : 36歳からオンライン英会話をはじめたら英語で仕事が

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホンの本好き

Author:ホンの本好き
読んだ本からオススメの本を、半分備忘録的に記録します~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる