『Webを活用して副業ライターで稼ぐ!』(秀和システム)

10/17の週に読んだ本。
『月10万円も夢じゃない!! Webを活用して副業ライターで稼ぐ! 』
しげぞう。秀和システム。2016

副業ライターとして活動を始め、現在はプロのライターとして活躍する著者。
著者自身の経験を元に、副業ライターのメリットやどのようにして実現するか、また実際に書く上でのアドバイスを示す。

第1章 私が副業ライターを勧める理由
・副業ライターとは、副業としてできる範囲で文筆業に従事する人
・メリットとしては、場所・時間に拘束されない/仕事を選べる(自分の得意分野を選べる)/地味だが確実に稼げる/学歴や職歴不問/需要が増加している、といったことがある

第2章 実際、どんな仕事があるの?
・副業ライターの仕事の種類は多種多様。様々な仕事内容を紹介。
・著者が勧めるのはウェブライター(ウェブサイト上に掲載される記事を書く人)。
・アフェリエイトはセンスがある人にはよいが、稼げる人はごく限られる

第3章 副業ライターに必要なものは?
・まずパソコンと銀行口座
・Microsoft Office(互換)ソフトは遅かれ早かれ必要になる
・原稿を書くツールとしては、テキストエディター(著者はMKeditorとMeryというフリーウェア)。文字数がわかることがポイント。文字数が多い場合は、著者はWordを使う(アウトライン機能を使うため)。
・画像処理ソフトとしては、著者はPixaを使うことが多い
・最近はWordPressへの投稿案件が増えている。その場合、HTMLについての基本的な知識が必要

第4章 ウェブを使って副業ライターデビュー!
・応募の前準備として、自分の得意分野を考えておく。実績は初心者可の仕事で作るか、自分のブログなど。
・クラウドソーシングで仕事を探す。著者が使っているのは主にランサーズ。クラウドソーシングは手数料がかかるが、発注者の信頼性がある程度わかることと、支払い面で安心があることがよい。
・著者が応募しない条件としては、見積もりをくださいと書かれているもの、仕事内容が明示されていないもの、説明がわからない案件、返信が内案件など。

第5章 仕事の単価を上げていくには?
・文字単価を意識し、基準を自分なりに設定し、少しでも上げていく事を目指して受注する
・実績は経歴と合わせてプロフィールとしてまとめておき、いつでも提出できるようにしておく
・文字単価が上がってきたら、時間単価も考える(テープ起こしは時間がかかるなど。。。)
・割りにあわなかったり、最初の要件と異なるような案件は断ることも必要

第6章 実際に記事を書く! ライティングのヒント
・副業ライターには、文才より、調べてまとめる能力が必要と著者は考える。
・ウェブ向けライティングでは、まず結論が提示されていることが必要。訪問者を立ち去らせない工夫が重要となる。読者を意識して文章を書くこと=読者の目的を常に考えること、が重要である。
・訪問者が欲しいキーワードをどこに入れるか、発注者がどのように指示しているかにも注意をする。
・締め切りを守ることそれ自体が1つの評価

第7章 書いた後にすること
・必ず読み返し、推敲する。見た目を変えることで新たな気持ちで推敲できる。
・情報は必ずウラをとり、ソースを明確に記載する
・オリジナルの文章になっているか、コピペチェックを行う(CopyDetectなどのサイトを利用)
・修正依頼にはきちんと対応する。また、納品データは保存しておく。

第8章 副業ライターとして心得ておきたいこと
・メールの書き方(早く返信、タイトルをわかりやすく)、名刺の準備など
・副業を行っていることについて
・インプット(読書)を忘れない
本書で登場するランサーズについて、少し前の本ですが、こういった本もありました。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : Webを活用して副業ライターで稼ぐ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホンの本好き

Author:ホンの本好き
読んだ本からオススメの本を、半分備忘録的に記録します~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる