『超高速!参勤交代リターンズ』(講談社文庫)

10/10の週に読んだ本。
『超高速!参勤交代リターンズ』
土橋章宏。講談社文庫。2016

先日読んだ『超高速!参勤交代』(http://honnohon.blog137.fc2.com/blog-entry-1623.html)の続編。
5日間で参勤という老中松平信祝からの無理難題を見事成し遂げ、かつ老中失脚まで追い詰めた湯長谷藩藩主、内藤政醇。
藩への帰路はのんびり安心したものとなるはずであった。。。

が、政醇が見初めたお咲の身請けのために不足しているお金を調達するため、家臣はそれぞれの自慢の技を使って小銭を稼ぐ。
そんなことをしている間に、江戸では失脚したはずの老中が、尾張藩と尾張柳生を味方につけ、将軍が日光へ参拝する間に再び表舞台へ立ち返る。老中、信祝の希は唯一つ、己を失脚させた内藤政醇をいかに惨めな思いをさせながら殺すか。。。

湯長谷藩、政醇へ再び無理難題が下される。

2日で藩まで戻れ!

行きに皆を助けた霧隠段蔵もいない今、果たして無事に藩までたどり着けるのか。
老中の逆襲を防ぎ、湯長谷藩、そして内藤政醇自身を守ることができるのか。。。

前作より、湯長谷藩の家臣それぞれの人となりが書かれ、誰かしら親近感を覚える登場人物も見つかりそう。
ここらへんが人気の秘密かもしれない。
関連記事

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

tag : 超高速!参勤交代リターンズ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホンの本好き

Author:ホンの本好き
読んだ本からオススメの本を、半分備忘録的に記録します~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる