『会社が正論すぎて、働きたくなくなる』

10/3の週に読んだ本。
『会社が正論すぎて、働きたくなくなる 心折れた会社と一緒に潰れるな』
細井智彦。講談社アルファ新書。2014

転職者の増大の背景に、「会社のうつ化」があるのではないか。
転職コンサルタントの著者が、転職志望者との面談の中から、今の世の中の会社に起きている問題を「会社のうつ化」として捉え、従業員がそれに対しどのような対策が取れるかを考える。

第1章 実は会社自体の心が折れていた
・転職理由が「会社の先行きが不安」から、「(今の会社で働き続けることで)自分の(心身が持つか)先行きが不安」に変わっている
・社員のうつが増大している背景には、忙しさだけでなく、環境の急変による無力感があるのではないか
・その背景には、会社自身が心が折れているという「会社のうつ化」がありそうだ

第2章 会社がうつ化するプロセスと“正論”の出現
・会社のうつ化のプロセスは、業績悪化->方針のつまづき->原因探し->新しい手段->それでも売れない->焦燥感と無力感->会社としての思考停止、という流れがある
・会社のうつ化は、イノベーションの目的化や、窮屈なしくみ化という実態に表れる

第3章 反「共感」、反「やりがい」が進行中
・パワハラ、現場無視、マニュアル支配、不正防止の強化などが会社のうつ化を進行させる
・やるべき、期待している、改革、問題点指摘がNG、正論。。。といった言葉が頻繁に用いられるのも特徴
・うつ化しにくい会社には、会社の目指す姿の明示と金銭面以外でのやりがいの提示がある

第4章 “正論”から逃れ、自分の価値を高める方法
・うつ化した会社のなかで自分を守るには、自分なりのこだわりを持つ/走り方をゆるめる/会社に借りをつくる、といった対策がある

第5章 うつ化を自覚している会社へのアドバイス
・ベテラン評価、非効率評価などを行い、社内外のコミュニケーション改善・多様な意見の取り入れ・ミスを認める、が会社のうつ化対策にもなる
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 会社が正論すぎて、働きたくなくなる

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホンの本好き

Author:ホンの本好き
読んだ本からオススメの本を、半分備忘録的に記録します~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる