8/29の週に読んだ本(政治学系2冊)

8/29の週に読んだ本。国際政治と国内政治に関する新書を1冊ずつ。
『国際政治とは何か 地球社会における人間と秩序』
中西寛。中公新書。2003

国際政治をどう考えるか。
主権国家/国際共同体/世界市民主義という3つの位相のトリレンマの中で、主権国家がどう国際政治のなかで他の2つの位相と妥協しながら行動しているかを読み解くだけではなく、この3つの位相のバランスが「仮想の地球社会」という新たな概念のなかでどう変わるかを読み解く試みでもある。
本書では、安全保障・経済・価値という3つの面で、前述のバランスとその変化について考察される。

『誰でもできる ロビイング入門 社会を変える技術』
明智カイト。光文社新書。2015

社会を変える、政治を変えるためには、政治家になる必要なく、官僚である必要もない。
ロビイングという手段により、自ら政治に対して働きかけ、社会を変えることもできる。
本書は、自らが性的マイノリティのためのロビイング活動を行っている著者が、自殺対策やいじめ対策などで活躍する草の根ロビイストの活動をまとめ、さらに具体的にロビイング活動を行うための手順を示すものである。
関連記事

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホンの本好き

Author:ホンの本好き
読んだ本からオススメの本を、半分備忘録的に記録します~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる