『ビーカーくんとそのなかまたち』

8/1の週に読んだ本。
『この形にはワケがある! ビーカーくんとそのなかまたち ゆかいな実験器具図鑑』
うえたに夫婦。誠文堂新光社。2016

実験器具たちを紹介するマンガ。

ビーカーくんの名前の由来が、注ぎ口がくちばし(ビーク)だったとは。。。
そんなビーカーくんから始まる実験器具たちを、かわいらしいマンガと、わかりやすい文章で紹介する一冊。

初っ端のビーカーくんのなかまから、へーと思うことがいっぱい。
コニカルビーカーくん(フラスコの下の部分のような形のビーカーくん)、トールビーカーくん(背が高い)、石英ガラスビーカーくん(値段が高いw)、手付きビーカーくん、ステンレスビーカーくんとフタくん、ホーロービーカーくん。

そこからフラスコくんの仲間や、シリンダーくん、ピペットくんなどの測る仲間。ろうとちゃんなど流す仲間。。。

と実験室にある器具たちが、有名無名に関わらず紹介されていく。

文系の僕は、読んでいて中学時代の理科室・理科準備室(という名前だったと思う)を思い出しました。
そういえば使ったことがないいろんな器具があったなぁ。。。
関連記事

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

tag : ビーカーくんとそのなかまたち

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホンの本好き

Author:ホンの本好き
読んだ本からオススメの本を、半分備忘録的に記録します~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる