『実戦 ヌンチャク AtoZ』

7/25の週に読んだ本。
『『実戦 ヌンチャク AtoZ 基本から秘技まで完全修得』
宏樹。BABジャパン。2011

宮本武蔵の「千で鍛、万で錬」を実践し、武術としてのヌンチャクそしてパフォーマンスとしてのヌンチャクを極めた著者が、自らのヌンチャク人生と、創始したヌンチャク無形無限流の実技を表した本。

技術的に興味深かったのは、
・ヌンチャクは振り回してあてるだけの武器ではなく、突くや締めるなど様々な用途に使えること
・自分の体にあてて方向・リズムを変化させることができること(様々な返し)
・打ちにおいては消力と著者が名づけた次の一打につなげるための方法が必要なこと

・稽古において一人稽古で陥りがちな副作用(うつむく、居つく、高揚により正しくないことに気づかない、など)

秘技としていくつかの身体の遣い方も紹介されている。

DVDはこちら

関連記事

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

tag : 実戦 ヌンチャク AtoZ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホンの本好き

Author:ホンの本好き
読んだ本からオススメの本を、半分備忘録的に記録します~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる