7/25の週に読んだ本(2冊。ビジネス関係)

7/25の週に読んだ本から、ビジネス関係を2冊。
『言いづらいことの伝え方』
本間正人。日経文庫。2014。

お詫び、反論、お願い。。。ビジネスシーン別に、相手に言いづらいことを、どういった形で伝えるのが誤解されにくく、また伝えやすいか。ケーススタディ方式で、こういった言いづらいことの伝え方を学べる。

『最適生産とは何か』
四倉幹夫。ダイヤモンド社。2016。

主にMRP方式の弱点と、設計-生産の間のマスタ/部品表の溝を埋めるための方法について書かれている。
その方法がサブタイトルの「Manufacturing 4.0」と「GLOSCAM」。両者を支えるのが統合化部品表。
。。。というのはわかったが、概念的な紹介に感じられた。具体的には著者の会社で開発した統合化部品表管理ソフトで、ということだろうか(にしては、本文中では特に記載なし。本当に興味を持った人が調べてアクセスすることを考えている、のかなぁ)。
関連記事

tag : 言いづらいことの伝え方 最適生産とは何か

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホンの本好き

Author:ホンの本好き
読んだ本からオススメの本を、半分備忘録的に記録します~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる