『超人の秘密』

7/11の週に読んだ本。
『超人の秘密 エクストリームスポーツとフロー体験』
スティーヴン・ コトラー(著)、 熊谷 玲美(訳)。早川書房。2015

人間の限界を超えるようなパフォーマンスを見せるエクストリームスポーツ界の超人たち。
彼らがそのパフォーマンスを実現する裏には、「フロー」と呼ばれる状態がある。
そして、その「フロー」は、エクストリームスポーツ界においては、ある意味ひとつの技術として定着しつつある。

そんなフロー状態に入った人間がどういったパフォーマンスを成し遂げ、そのときにどういった状態にあるのかを、インタビューや研究成果から詳しく紹介するのが本書。

フロー状態を構成する要素は、チクセントミハイの研究によれば
・明確な目標
・集中
・自己意識の消失
・時間感覚の変化
・直接的かつ即時のフィードバック
・能力レベルと挑戦レベルのバランス
・状況をコントロールしている感覚
・活動が内発的報酬をもたらす(つらくない)
・身体的なニーズへの認識の欠如
・没頭

この状態に入ると、ある人は「ボイス」を聞きながらその言葉どおりに動くことで危険を脱出する。

フローを呼び込む方法としては
・外的要因(リスクを負う環境に進んで入る。多様性のある環境-新しい、複雑な、予測不可能な世界-に入る、体の全感覚を使う)
・内的要因(注意を現在に向けるための動機-明確な目標、直接的なフィードバック、ほんの少し自分の能力を超えたところ)
・グループでのフロー体験(対等な参加、リスク、親密さ、エゴがない、コントロール感、前向きな姿勢など)
などが第二部で紹介されている。

しかし、フローには注意点(極限のリスクによる身体的なダメージ等)があることにも気をつけなくてはいけない。
第三部ではそういったマイナス面にも触れながら、今後、人類がどうフローを活用できるかについて考察される。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

tag : 超人の秘密

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホンの本好き

Author:ホンの本好き
読んだ本からオススメの本を、半分備忘録的に記録します~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる