『できる人の準備力』

5/30の週に読んだ本。
『やり直し・差し戻しをなくす できる人の準備力』
上坂徹。すばる舎。2016

仕事を行う上でどんな準備をすべきか、をわかりやすく説明する。
仕事ができる人は、仕事が丁寧。そして、その丁寧さを生み出すのは準備。
著者が今までの経験や取材から必要と考える仕事の準備のステップは以下の6つ。

1.仕事の目的を確認する
・目的は理解力の深さによって変わる(この仕事は石を積むのか、教会をつくっているのか)
・目的の確認は、受ける立場の人がしっかり押さえておく必要がある(相手の目的がぼんやりしている時は一緒に定める)

2.仕事のターゲットを意識する
・ターゲットは発注者の向こうにいる
・依頼者とは隣に座り、ともにターゲットについて頭をめぐらせるイメージで
・ターゲットを満足させることが仕事の成功(上司でも依頼者でもなく、ターゲットを満足させる)

3.仕事のアウトプットイメージを共有する
・アウトプットをはっきりさせる(分量、形態、レベル、分析の有無、デザイン、注意事項など)
・アウトプットイメージを共有する(ビジュアル、サンプル、類似物など。大枠で)

4.仕事のプロセス/手順を作る
・とりあえずではなく、すすめ方をしっかり作ってから進める(とりあえずはやり直しの元)
・目的・ターゲット・アウトプットの明確化をまず行う
・アウトプットを作るために必要なものを洗い出し、やるべき作業に分解し、プロセス/手順を作って効率よく進める
 (やらなくてはならないことを1つずつリストアップ。文字にして紙に書き出す。納期から逆算し最も速くできるように)
・仕事の後でプロセスごとに振り返り(所要時間、プロセスの不足、事前の想定とのズレ)
・依頼者への進捗確認のプロセスを組み入れる

5.アウトプットを考える
・どういう構成でどうみせるかアウトプットの使用を考え、どこに力点を置き、伝えたいことを理解してもらうかの工夫をする
・ターゲットのメリットを考える

6.仕事をアウトプットする
・一度過去のステップに立ち返って確認
・粗粗から精度をあげていく
・成果物を最初からのステップにそって見直す(目的、ターゲット、アウトプットイメージ、求められる水準。。。)

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

tag : できる人の準備力

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホンの本好き

Author:ホンの本好き
読んだ本からオススメの本を、半分備忘録的に記録します~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる