『20億の針』

5/23の週に読んだ本。
『20億の針』
ハル・クレスメント。東京創元社。2016(新版)

新訳版が出るということで話題になっていたので読んでみた一冊(自分が読んだのは旧訳版です。。)。

地球に墜落した2隻の宇宙船。1隻には犯人が乗り、もう1隻には探偵が乗っていたその宇宙船は、犯人の無謀な逃走によって、南太平洋に墜落したのであった。

彼らの特徴はゼリー状で。。。宿主となる生物に寄生してしか生き延びられないこと。
そして、彼らが宿主に選んだのは人間であった。
探偵が選んだのは少年ロバート。
ロバートと探偵は、果たして犯人(と彼が寄生している人物)を、この地球上の人間の中から見つけられるのか。。。
新訳版、だいぶ変わっているのでしょうか。読んでみたいところですね。。。

関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

tag : 20億の針

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ホンの本好き

Author:ホンの本好き
読んだ本からオススメの本を、半分備忘録的に記録します~

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる